写真撮影テクニック

写真テクニック写真撮影テクニックというと現在はデジタル写真テクニックということになると思いますが、写真撮影テクニックでもオークション用・sex・結婚式・オーディション・コンテスト・料理・白黒・証明・口腔内・舞台・スポーツ・集合・桜・人物・コンサート・夜景などでそれぞれ違ってきます。

また、デジタルカメラでの写真撮影テクニックには編集加工修正テクニックのひとつになるのではないでしょうか。

photoshopという画像編集ソフトによるレタッチで実際にはありえないようなものにも編集できてしまうのが現状です。

銀塩カメラと言われるアナログ写真テクニックでは構図や光の加減をどのように工夫するかが写真撮影テクニックのメインだったのですが、もちろんデジタルカメラでもその重要度はかわらないまでも、撮ったあとでかなり大きな変更ができてしまうので、当然写真撮影テクニックに差がでます。

重要度の順位が違っているのでその差を考慮して撮影する事が良い写真と撮るコツのひとつですね。

今後写真撮影テクニックをご紹介しながら、それぞれ解説をしていきたいと思います。

デジタルカメラと銀塩カメラ

写真撮影を趣味でも職業としてでもやっていると、テクニックのひとつにレンズを換えるというのが当たり前のように行われています。

写真撮影デジタルカメラが登場する以前からやっていた場合、アナログカメラ(銀塩)からデジタルカメラに移行した経験をお持ちの方が多いと思います。

その際に、銀塩カメラレンズデジタルカメラで使用した事もあると思います。
使用してお気づきになったとは思いますが、同じレンズなのに焦点距離が変わります。

原理の説明は次回詳しくしますが、同じレンズを使用した場合の違いはデジタルカメラ:銀塩カメラ=1:1.5になる事を覚えておくとよいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。